お知らせ・イベント

2019.06.19おすすめレシピ
★★旬の一品★★

おいしいとうもろこしが出回る時期です♪
今回は、とうもろこしのスープをご紹介します。

ご紹介するレシピでは、缶詰のとうもろこしを使っていますが、生のとうもろこしの実を使うと甘みがあってうま味のあるスープができます。是非お試しください♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
材料(4人分)

とうもろこし(缶詰・クリームスタイル) …1缶(450g)
玉ねぎ    …1/2個(100g)
バター    …20~30g
小麦粉    …大さじ3
スープ    …3カップ            
牛乳     …1カップ
塩(スープと牛乳の0.4%)    …大さじ1/2強
こしょう    …少々
生クリーム …1/4~1/2カップ
クルトン  …適量

※参考:スープは、ブイヨンキューブ1個/水1ℓ

作り方
①玉ねぎは皮をむいて繊維に直角に6~7㎜幅に切る。

②厚手の鍋にバターを熱し、玉ねぎを色づかないように炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、小麦粉をふり入れて粉がなじむ程度まで炒め、スープと牛乳を加えてだまができないようにかき混ぜながら煮立てる。

③❷にとうもろこしを入れて20~30分煮てこす(ミキサーにかけてもよい)。

④もう一度火にかけて混ぜ、塩とこしょうで調味する。最後に生クリームを加えてから煮立てないこと。

⑤温めた器にスープを注ぎ、クルトンを添える。食べる食前にクルトンを浮かせる。


★応用
・生のとうもろこしは、さっとゆでて、そげ取ってすりつぶし、裏ごしして使ってもよい。
・とうもろこしのほか、グリンピース、そら豆なども同様に作る。
・浮き実は、クルトンのほか、粉チーズ、みじんパセリなど。
・生クリームは味はよいが、高脂肪、高エネルギーになる。肥満など気をつけている人は、牛乳の分量を多くするとか、エバミルクをかわりに用いるとよい。また、炒めるバターも油にかえ、仕上げにバター少量を落として風味だけつけるようにしてもよい。



このレシピは、必須補助教材の「栄養と料理基本カード」のNo.120よりご紹介しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

➡ 女子栄養大学の社会通信教育「栄養と料理講座」では、いつでもどこでもだれでもバランスのよい食事ついて学べます。詳しくはこちらをご覧ください。
また、上記のような料理が学べる「月例スクーリング(家庭料理コース・基礎重点コース)」も開講しています。どなたでも参加ができます。こちらからお申込みください。
 

とうもろこしのスープ

資料
請求

ページトップへ