健康管理の知識に
前へ
《39歳・男性・鍼灸師》
鍼灸師として働くなかで、栄養学的観点からもアドバイスができればと感じる節が多々あったため、現在の仕事へのプラスアルファの知識として「科目等履修制度」を利用することに決めました。仕事の兼ね合いで毎日は通学するのが厳しいので、自分の都合に併せて授業を選択できるこの制度はとても重宝しており、今の仕事が犠牲になることもなく大変充実した夜間学生生活を過ごしています。
《42歳・女性・主婦》
看護師として病院に勤務し、結婚・出産を機に専業主婦として過ごしていましたが、市民向けの講座で栄養学に目覚め、勉強をして地域社会に貢献したいと思いました。家庭のこともあるので昼間は通えないので夜間にしましたが、仕事をしながら、家庭を持ちながら学ぶ仲間もでき、頑張る支えになっています。
次へ
2 / 8