シニアの生活設計のために
前へ
《63歳・女性・主婦》
働きながら子育てをする娘がいますが、食生活に関して正しい知識を持って忙しい娘の育児に協力したいという想いから、大学に入学することに決めました。夜間ですが若い人たちと一緒に充実した憧れだったキャンパスライフを送りながら、栄養学の知識を家族に還元できていることが幸せです。これからは家族だけでなく地域にも貢献できるように、地域のイベントなどにも携わっていきたく思っています。
《56歳・女性・主婦》
子育てから解放された今、兼ねてより興味のあった栄養学について勉強したいという気持ちが高まりました。勉強した知識でボランティア活動をして地域貢献できたらと思っています。
次へ
1 / 3