健康教育士の資格を取得するためには、以下のような手続きが必要です

・実践健康教育士を希望する方は、日本健康教育士養成機構が行う研修会か大学等の指定研修機関で単位を取得してください。資格取得には12単位(必須6単位、選択6単位)が必要です。
日本健康教育士養成機関が行う研修会で単位を取得するための費用は1単位あたり1万円で、別途宿泊費・食費がかかる研修会もあります。詳しくは資料をご請求下さい。

・専門健康教育士を希望する方は、大学院等の指定研修機関でフィールドワークを中心とする科目を履修してください。詳しくは資料をご請求下さい。

・必要な単位を取得(実践健康教育士の場合)、または必要な科目を全て終了(専門健康教育士の場合)した方は、認定委員の行う試験の受験資格が与えられます。
その他、日本健康教育学会の会員であることなどの要件※が必要になります。
検定料は実践健康教育士の場合は1万円、専門健康教育士の場合は2万円です。

・試験に合格された方には、実践健康教育士または専門健康教育士の資格が与えられます。

・健康教育士の資格は、5年ごとの更新が必要です。更新のための研修を受講し、必要な単位を取得してください。
5単位以上の研修及び健康教育活動を実践する。
下記の活動も更新単位と認める。
 論文発表(筆頭者の場合):4単位(原著) 2単位(その他)
 論文発表(共著の場合):2単位(原著) 1単位(その他)
 学会発表(ただし発表者の場合):1単位
 日本健康教育学会出席:1単位
 「Health educatorの養成と研修」委員会出席:0.5単位
 その他の学会出席:0.5単位

※試験の受験資格(次の1項から3項までのすべて、または1項と4項に該当する者とする。)
1.日本健康教育学会に所属していること。
2.学校教育法による大学の卒業もしくは同等以上の学識を有していること。
3.学校、職場、地域、医療、福祉などにおいて健康教育に関わる実務経験を有していること。
4.その他、認定委員会において特に適当と認めた者。